静的パラメータ利用時のちょっとした便利な設定

最新技術情報

静的パラメータの値をデフォルトですべて選択状態にして画面表示できます。

静的パラメータの値をすべて選択した状態にするには、フィルタ選択画面に表示されたパラメータの値を1つずつ選択するか、[すべて] を表示させて
それを選択する方法しかありませんでした。

8.2.07より、静的パラメータの値が含まれるレポートやグラフでデフォルトですべての選択肢が選択された状態で表示できるようになりました!

利用イメージ

静的パラメータをすべて選択状態にして画面表示
8.2.07より設定可能

静的パラメータが何も選択されていない状態で画面表示

設定方法

静的パラメータをすべて選択状態に設定する方法は簡単!
管理コンソールにログインし、[アプリケーションの設定] – [パラメータのプロンプト] – [静的リストコントロールのすべての値を事前に選択] にチェック

※デフォルトのチェックはオフです。

本記事の情報について

本記事の内容については、確認中の内容も含まれています。
できるだけ早めに最新情報をお届けするため、十分な検証を実施していない内容が含まれている可能性もありますので、あくまでも参考情報としてお取り扱いください。
また、リリース前の製品情報も含まれていますので、リリース後変更されることもありますので、ご留意ください。