逆引きリファレンス,関数

このコンテンツでは、文字列を結合する方法をご紹介しています。

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項カテゴリ関数動作確認バージョン8.2.06文字列結合記号

「|」を指定することで、複数の文 ...

逆引きリファレンス,関数

◆FPRINT関数:
数値タイプ(I/F/D/P)を文字タイプ(A)に変換します。
【構文】
FPRINT(infield,’usageformat’,outfield);
In ...

逆引きリファレンス,関数

◆ FPRINT 関数:
日付 タイプ (YYMD を文字タイプ ( に変換します。
【構文】
FPRINT(infield,’usageformat’,outfield);
I ...

逆引きリファレンス,関数

◆ DATECVT 関数:
数値 タイプ (I/F/D/P を日付 タイプ (YYMD に変換します。
【構文】
DATECVT (date,’infmt’,outfmtまたはoutfi ...

逆引きリファレンス,関数

◆ TRUNCATE 関数
指定された変数の後方ブランクを削除する関数です 。
TRUNCATE 関数は SET コマンドおよび IF コマンドなどのダイアログマネージャコマンド で のみ 使用することがで
き ...

逆引きリファレンス,関数

◆DATEADD関数:
日付型(YYMD)の項目に対し、年・月・日の単位で加算減算が可能です。

【構文】DATEADD(date,’unit’,#units);date     : ...

逆引きリファレンス,関数

◆DPART関数:
日付型(YYMD)の項目から、特定の要素を抜き出すことができます。

【構文】DPART(datevalue,’component’,outfield);datevalue   &n ...

逆引きリファレンス,関数

◆MIN関数:
複数の項目内から最小値を取得することができます。

【構文】MIN(argument1,argument2,・・・);argument*      :値を含むフィールド名、または値を返す式必要ライセンスWe ...

逆引きリファレンス,関数

◆MAX関数:
複数の項目内から最大値を取得することができます。

【構文】MAX(argument1,argument2,・・・);argument*      :値を含むフィールド名、または値を返す式必要ライセンスWe ...

逆引きリファレンス,関数

◆INT関数:
数値項目から少数値を切り捨て、整数値を取得することができます。

【構文】INT(argument);argument   :値を含むフィールド名、または値を返す式必要ライセンスWebFOCUS Repor ...