スタイルの適用方法(検索画面編)

はじめてのWebFOCUS

このコンテンツでは、CSSファイルを利用してレポートや検索画面の見栄えや動作を変更する方法をご紹介しています。

必要ライセンスWebFOCUS 制約事項特になし
カテゴリレポーティング動作確認バージョン8.2.06

CSSをつかってスタイルを設定してみよう

CSSのファイルを共通ファイルとして準備して読み込ませることで、アプリケーションの動作やスタイルを統一させやすくなります。

レポートやグラフなどに適用したい場合、検索画面に適用したい場合とで、CSSを呼び出すURLを設定する方法が異なります。

検索画面にスタイルを適用したい場合

CSSファイルを準備

ドメイン配下のフォルダにCSSファイルを配置します。

例 : sample.css

.color1 {color:red;}
#text1 {color:blue;}

今回は「Public」に保存します。

検索画面でCSSを指定

App StudioでHTMLキャンバスを起動します。

画面上部の[ユーティリティ]をクリックし、枠内の[設定]にチェックを入れます。

画面右端の[設定]を選択します。

[URL/ファイルの検索…]のテキストボックス右横のアイコンをクリックします。
※CSSファイルの場合は左側を、JavaScriptファイルの場合は右側をクリックします。

読み込むファイルを選択して、[OK]ボタンをクリックします。

プロパティの設定

プロパティ画面で、挿入したオブジェクトの「ユニークID」を確認します。

CSSファイルで定義した以下のスタイルが反映されています。

#text1 {color:blue;}

※オブジェクトごとにユニークIDがあるため、CSSで上記のように記述するとユニークIDごとに
 スタイルが設定できます。

プロパティ画面で、挿入したオブジェクトの「クラスID」を設定します。

CSSファイルで定義した以下のスタイルが反映されます。

.color1 {color:red;}