新しいドリルダウンスタイル Drill Anywhereの紹介

最新技術情報

Drill Anywhereの紹介

新しいタイプのドリルダウンが実装されました!

今まではドリルダウンを設定するには、階層ごとのレポートやグラフを個別に作り、それらがお互いに遷移できるように1つ1つ細かい設定をする必要がありました。
Drill Anywhereでは、1つのレポートやグラフを作るだけで、細かい設定をせずに複数の階層のレポートやグラフにドリルダウンができるようになりました。

利用イメージ

1. グラフやレポートのドリルダウンリンクにカーソルを合わせると、
  ポップアップメニューに「ドリル先」が表示されます。
  項目の候補一覧から、ドリルダウン先の階層をクリックして選択します。

2. 選択した階層を集計軸にしたグラフが表示されます。

設定方法

・[設定]パネルから、[コンテンツの設定] – [インタラクティビティ]欄の
 「Drill Anywhere」にチェックを入れます。

設定は以上です。選択可能な階層には、画面左端のフィールド一覧で[ディメンション]カテゴリにある項目が自動でセットされます。

サンプルデモ

WebFOCUSデモサイトで公開している下記デモで体験することができます。

WebFOCUS最新バージョン環境デモ

※営業マネージャ権限で体験できます。

本記事の情報について

本記事の内容については、確認中の内容も含まれています。
できるだけ早めに最新情報をお届けするため、十分な検証を実施していない内容が含まれている可能性もありますので、あくまでも参考情報としてお取り扱いください。
また、リリース前の製品情報も含まれていますので、リリース後変更されることもありますので、ご留意ください。