「項目名」の検索結果 33 件

レポートキャンバス,逆引きリファレンス

... 時項目( DEFINE]] を選択します。 一時項目(DEFINE)の設定 一時項目(DEFINEの)を作成するシノニムを選択します 項目名称、フォーマット、関数・四則演算を設定し、一時項目(DEFINE)を作成します。

逆引きリファレンス,関数

... 併せて指定します。 (例)一年前:DATEADD(日付項目,’Y’,-1) ◇項目 ・一年を加算します一時項目名/YYMD = DATEADD(売上更新日,’Y’,1); ・一月を加算します一時項目名/YYMD = D ...

逆引きリファレンス,関数

... YYMD)から、特定の要素を抜き出すことができます。要素は数値タイプで取得されます。 ◇項目 ・年を抜き出します一時項目名/I4 = DPART(売上更新日,’YEAR’,’I4’); ・月を抜き出します一時項目名/I2 = D ...

逆引きリファレンス,関数

... 、計算結果の最小値も取得可能です。 ◇項目 ・商品単価、仕入単価の2項目から最小値を取得します。(項目の指定例)一時項目名/P16 = MIN(商品単価,仕入単価); ◇変数 ・&VAL1、&VAL2の2つの変数を使用した計算 ...

デバッグ,逆引きリファレンス

... EEP(delay,output);delay       :実行を保留する時間(秒数)を指定(小数点可)output   :実行を保留する項目名、フォーマット(一重引用符(‘)付)を指定 必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特 ...

グラフキャンバス,逆引きリファレンス

... 販売数「フォーマット」:D12「演算式」:累計販売数 + 販売数 ▼補足「演算式」では、累計値を求めたい項目(販売数)と作成する累計値項目名(累計販売数)を指定します。尚、「フォーマット」は数値タイプ(I/F/D/P)のいずれかを指定します。(例ではD12を指定) ...

逆引きリファレンス,関数

... ン8.2.06 実装イメージ ◇項目 ・商品単価、仕入単価の2項目から最大値を取得します(項目の指定例)一時項目名/P16 = MAX(商品単価,仕入単価); ◇変数 ・&VAL1、&VAL2の2つの変数を使用した計算 ...

逆引きリファレンス,関数

... ができます。また、計算式を指定し、計算結果の整数値も取得可能です。 ◇項目 ・整数値を取得します(項目の指定例)一時項目名/I8 = INT(年間売上平均個数); ◇変数 ・&VAL1を使用した計算結果から整数値を取得します(計算式の ...

逆引きリファレンス,関数

... メージ ▼ポイントある日付項目(YYMD)から、特定の日付を求めることができます。 ◇項目 ・月終りへ移動します一時項目名/YYMD = DATEMOV(売上更新日,’EOM’); ・月初めへ移動します一時項目名/YYMD = ...

逆引きリファレンス,関数

... 位年・月・日 での差を求めることが可能です。差は数値タイプで取得されます。 ◇項目 ・年単位での差を求めます一時項目名/I4 = DATEDIF(売上開始日,売上終了日,’Y’); ・月単位での差を求めます一時項目名/I4 ...