JMeterのWebFOCUS負荷テスト用サンプルテスト計画

2020年9月13日サンプルコンテンツ

JMeterを使用してWebFOCUSへ負荷テストを実行する場合のサンプルテスト計画をダウンロードできます。

Apache JMeter(アパッチ ジェイメーター)はApacheソフトウェア財団にて開発されているソフトウェアで、クライアント・サーバシステムのパフォーマンス測定および負荷テスト(英語版)を行うJavaアプリケーションである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Apacheサイトから入手できます。
ダウンロードサイト

JMeterの実行方法

ダウンロードしたファイルを解凍して、任意の場所へ配置します。
bin フォルダ内の jmeter.bat や jmeterw.cmd を実行します。

日本語にしたい

日本語設定を追加したバッチファイルからjmeter.batを起動します。
下記の内容で、任意のバッチファイル名を作成して実行します。

rem 言語・国を設定
set JVM_ARGS="-Duser.language=ja"

rem JMeterを起動
%~dp0jmeter.bat

プロキシサーバ経由でアクセスが必要な場合は起動時にパラメータを指定します。

%~dp0jmeter.bat -H プロキシサーバ名[ or IPアドレス] -P プロキシサーバポート番号

サンプルコンテンツを使用する

サンプルは、JMeterでWebFOCUSへアクセスするテスト計画のサンプルです。
WebFOCUSへログイン -> レポート実行 -> ログアウト の一連動作がスレッド内容です

  1. 「HTTPリクエスト初期設定」で、「プロトコル」や「サーバ名」、「ポート番号」を環境に合わせて変更してください
  2. 「スレッドグループ」の「スレッド数」や「Ramp-Up期間」、「ループ回数」を任意で変更してください
  3. 「ログイン処理」の「IBIRS_userName」を任意のユーザー名、「IBIRS_password」を任意のパスワードへ変更してください
  4. 「レポート実行」の「パス」を実行する任意のレポートのパスへ変更してください

ダウンロード

サンプルテスト計画

サンプルコンテンツの利用における注意事項

株式会社アシストおよび開発元メーカーは、本サンプルコンテンツの動作に関していかなる保証もいたしません。
また、本サンプルコンテンツの利用によって起因する問題についても責任を負いかねます。
本サンプルコンテンツに記載の技術情報およびプログラムは、特定の環境下において動作し、初期動作のみ確認をしております。
すべての個別環境にて動作することを想定していませんので、実装する実環境において、十分な動作確認をいただくことを推奨します。
また、システム環境の設定変更や導入製品のバージョンアップを実施した場合などの非互換については考慮されていません。
初期動作確認後、システム環境変更後の動作については、保証いたしませんので、ご了承ください。
サンプルコンテンツに含まれるプログラムなどの改変は、自由に実施していただいて問題ありませんが、新規要件やバグ修正などが発生した場合には、ご利用者様の責任範囲内での修正を実施いただくようお願いします。
サンプルコンテンツに含まれる、JavaScript,CSS,HTML,バッチファイル、シェルスクリプトなど、WebFOCUS製品サポートに関わらない箇所に関してのお問い合わせは、株式会社アシストの技術者、サポートセンターおよび開発元メーカーで受け付けることができません。WebFOCUSの動作に関するお問い合わせに限らせていただきます。