ガイデッドレポートの見栄えを良くする方法(ラベル編)

はじめてのWebFOCUS

このコンテンツでは、CSSを利用してガイデッドレポートのラベルの編集方法についてご紹介します。

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になし
カテゴリガイデッドレポート動作確認バージョン8.2.07

ガイデッドレポートとは、ユーザがフィルタ条件に加えて、出力形式、レポートに含める項目も自由に選択できるアプリケーションです。

選択する項目やレイアウトは管理者が自由に設定できますので、ITリテラシーに依存することなく、インターネットを触ったことがある方であれば、誰でも目的のデータを入手することができます。
より詳しくご確認いただく際は、デモサイトをご利用ください。

CSSの適用

CSSを適用することでラベルの枠に一部色を付けます。

初期のラベル

CSS適用後のラベル

HTMLキャンバスを開く

HTMLキャンバスの開き方

  • AppStudioを起動し、環境ツリータブを選択する
  • 編集を加えるガイデッドレポートを右クリックする
  • メニューの中から「開く」を選択する

ラベルの編集

項目の選択

画面左下の「デザイン」タブを選択し、編集を加えたいラベルを選択状態にします。

クラスCSSの入力

画面右側にあるプロパティタブを展開し、「クラスID」に「lbl」を追記します。

上部リボンメニューから、ユーティリティタブを選択肢、表示エリアの中にある「プロパティ」にチェックを付けます。

CSS記述画面の表示

画面左下の「埋め込みCSS」タブを選択し、CSSを記述します。

CSSの記述

以下のCSSの記述を張り付けます。

.lbl {

 position: relative;

 line-height: 2.0;

 padding:0.2em 1em;

 display: inline-block;

 text-align: center;

 }

 .lbl:before, .lbl:after {

 content:";

 width: 10px;

 height: 10px;

 position: absolute;

 display: inline-block;

 }

 .lbl:before {

 border-left: solid 2px #0066cc;

 border-top: solid 2px #0066cc;

 top:0;

 left: 0;

 }

 .lbl:after {

 border-right: solid 2px #0066cc;

 border-bottom: solid 2px #0066cc;

 bottom:0;

 right: 0;

 }

以上の操作で、ガイデッドレポートのラベルの編集は完了です。
今回はCSSを使用して長さや色を変更しましたが、その他にも太さや高さなどもお好みでアレンジしてみてください。