保存した選択条件のパラメータの中身を確認する

2020年10月18日サンプルコンテンツ

WebFOCUSレポートを実行した際の選択条件を保存する機能があります。WebFOCUSバージョン8.2.01以前のバージョンでは、選択条件を保存した状態のレポート実行画面を保存する機能を提供していましたが、WebFOCUSバージョン8.2.06から、パラメータを保存する機能が追加されました。

レポート実行画面へ、パラメータ保存機能を追加できるようになりました。
画面上の選択条件をパラメータとして保存できるようになりました。

保存したパラメータは、リポジトリ上に格納されており、中身を確認することはできますが、エンコードされており、非常に読みづらい内容となっています。また、マルチバイト文字は、Unicode文字列となって保存されているため、デコードする必要があります。

本サンプルコンテンツは、エンコードされた文字列をデコードし、読みやすいよう整形して表示するための画面を提供するものです。


保存されたパラメータの確認方法

保存されたパラメータは、エクスプローラ上で、確認するとXMLファイルとして保存されています。

保存されている場所は、環境によって異なります。パラメータを保存名のフォルダ内に保存時の名前のファイルが格納されます。マイコンテンツに保存されている場合は、保存したユーザーのみ参照することができます。


中身を確認したいファイルをダブルクリックするか、右クリック⇒「新規ウィンドウで表示」をクリックします。


ウェブブラウザで新規ウィンドウが実行されますが、エラー画面が表示されます。

これは、開いたファイルの「Contet-Type」が「text/xml」となっているため、ウェブブラウザが、XML形式として解析した結果、正常に読み取れないため、発生するエラーです。

左の画像は、ChromeやChromium版Edgeの画面です。

Firefoxの画面です。

Internet Excplorerの場合は、画面上に何も表示されません。


画面上を右クリックして、ソースを表示することで、中身を確認することができます。


保存されたパラメータの内容を確認できました。

ただし、非常に読みづらい状態ですので、本サンプルコンテンツを利用して整形してください。


管理者として利用者のマイコンテンツ内に保存されたパラメータの内容を確認したい場合

事前に利用者にて、管理者にて確認したいファイルを共有しておいてください。


管理者権限で、マネージャモードでエクスプローラを参照します。


利用者のマイコンテンツ内を参照できるようになります。


ファイルを右クリックして「テキストエディタで編集」をクリックします。


保存したパラメータの内容が表示されます。



本サンプルの実装方法

配置する

ダウンロードしたファイルを任意の場所へ格納します。

リポジトリの場合任意のフォルダ
アプリケーションフォルダの場合Windows
ドライブ:ibi\apps\任意のフォルダ
Linux
/ibi/apps/任意のディレクトリ
ローカルの場合任意のフォルダ

任意の場所へ配置してください。

リポジトリへ配置する場合は「ファイルのアップロード」を使用してください。


サンプルコンテンツを使用する

配置したサンプルコンテンツをウェブブラウザ上で実行してください。

表示された画面の左側のテキストエリアへ「保存されたパラメータ文字列」をコピーして貼り付けてください。

貼り付けた状態で「変換」ボタンをクリックします。

右側のテキストエリアへデコード・整形された内容が表示されます。

デモサイトにて本サンプルコンテンツを利用できます

下記より参照してください。

デモコンテンツ

ダウンロード

保存パラメータ確認

サンプルコンテンツの利用における注意事項

株式会社アシストおよび開発元メーカーは、本サンプルコンテンツの動作に関していかなる保証もいたしません。
また、本サンプルコンテンツの利用によって起因する問題についても責任を負いかねます。
本サンプルコンテンツに記載の技術情報およびプログラムは、特定の環境下において動作し、初期動作のみ確認をしております。
すべての個別環境にて動作することを想定していませんので、実装する実環境において、十分な動作確認をいただくことを推奨します。
また、システム環境の設定変更や導入製品のバージョンアップを実施した場合などの非互換については考慮されていません。
初期動作確認後、システム環境変更後の動作については、保証いたしませんので、ご了承ください。
サンプルコンテンツに含まれるプログラムなどの改変は、自由に実施していただいて問題ありませんが、新規要件やバグ修正などが発生した場合には、ご利用者様の責任範囲内での修正を実施いただくようお願いします。
サンプルコンテンツに含まれる、JavaScript,CSS,HTML,バッチファイル、シェルスクリプトなど、WebFOCUS製品サポートに関わらない箇所に関してのお問い合わせは、株式会社アシストの技術者、サポートセンターおよび開発元メーカーで受け付けることができません。WebFOCUSの動作に関するお問い合わせに限らせていただきます。