実行しているSQLを取得したい

2021年7月5日デバッグ,逆引きリファレンス

◆デバッグコマンド:
レポート作成時に実行しているSQLやFOCUSコマンドを確認するためのデバッグコマンドです。

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になし
カテゴリデバッグ動作確認バージョン8.2.06

ダイアログマネージャの追加

デバッグコマンドを記載するために、[ダイアログマネージャ]を追加します。

[プロシジャビュー]-[コメント]を右クリックし、表示されたメニューから[新規作成]-[ダイアログマネージャ]-[ダイアログマネージャ]を選択します。

デバッグコマンドの記載

追加したダイアログマネージャにデバッグコマンドを記載します

▼ポイント
・-SET &ECHO=ALL;
 実行したFOCUSコマンドを表示するためのコマンドとなりま
 す。 

・SET TRACEOFF=ALL
 コマンド実行時の全トレース出力を停止するコマンドとなり
 ます。

・SET TRACEON=STMTRACE//CLIENT
 コマンド実行時のトレースの内、レポート実行箇所のトレー
 スをHTML画面上に表示するコマンドとなります。

・SET TRACEON=SQLAGGR//CLIENT
 コマンド実行時のトレースの内、SQL発行箇所のトレースを
 HTML画面上に表示するコマンドとなります。

・SET TRACEUSER=ON
 コマンド実行時の動的トレースを有効にするためのコマンド
 となります。

・SET TRACESTAMP=OFF
 コマンド実行時のトレースメッセージを制御するコマンドと
 なります。