PDFレポート出力用に任意のフォントを追加する

テクニカルメモ

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になし
カテゴリレポート出力全般動作確認バージョン8.2.06

WebFOCUSのPDF出力におけるフォント

WebFOCUSのPDF出力では、デフォルトで以下のフォントが利用できます。(日本語が含まれるレポートの場合)

PDFで利用可能なデフォルトフォント(日本語対応)Shift-JIS環境Unicode環境
MS ゴシック
MS 明朝
MS Pゴシック○(*)
MS P明朝○(*)
メイリオ○(*)
Arial Unicode MS
(*)はUnicode環境でのサロゲートペア文字に対応しているフォント

注意点:出力文字の泣き別れ

  • Unicode環境においては、サロゲートペアと呼ばれる、1文字につき4バイトを使って表示することになっている文字があります。
    出力レポートの内容にそのような文字が含まれる場合、以下いずれかのフォントを利用するようにしてください。
    • MS Pゴシック
    • MS P明朝
    • メイリオ

任意のフォントをPDF出力用の追加する手順

PDF出力時に上記表のデフォルトフォント以外を利用したい場合、WebFOCUSサーバへのフォントのインストールに加えて以下の手順を実施します。

  1. フォントのインストールフォルダに [.ttf] という拡張子のファイルが作成されています。これを[.afm]ファイルに変換します。
    例)Linux環境において yumでインストールしたIPAゴシックの場合、.ttfファイルは以下のフォルダに配置されます。
      /usr/share/fonts/ipa-gothic/ipag.ttf

      [.afm]ファイルへの変換は、ファイル変換サイト等を利用します。

  2. インストールした.ttf ファイルと、変換した.afmファイルを WebFOCUSの構成フォルダに配置します。
    Linux の場合)  <インストールディレクトリ>/ibi/wfs/etc
    Windows の場合)<インストールドライブ>:\ibi\wfs\etc

  3. WebFOCUSのフォント定義ファイルである [fontuser.xml] の、PDFに関する記述を以下のように編集します。
    Linux の場合)  <インストールディレクトリ>/ibi/wfs/etc/fontuser.xml
    Windows の場合)<インストールドライブ>:\ibi\wfs\etc\fontuser.xml
<when format="PDF">
<!-- family/font tags should be added here →
  <switch>
    <case lang="jpn">
      <family name="IPAGothic">
        <font style="normal" metricsfile="ipag" fontfile="ipag" fonttype="TTF" />
      </family>
    </case>
  </switch>
</when>
構文
family タグ内
 name       : フォント名

font   タグ内
 style      : フォントのウェイト
 metricsfile: .afm ファイルのファイル名部分
 fontfile   : .ttf ファイルのファイル名部分
 fonttype   : "TTF" で固定です。

※IPAフォントはウェイトの種類がないため、normal のみ記載しております。ウェイトの種類がある場合は、.ttf フォントが複数インストールされますので、それぞれを .afm ファイルに変換、対応するfontタグを追加してください。

 追加例)

<font style="normal" metricsfile="ipag" fontfile="ipag" fonttype="TTF" />
<font style="bold" metricsfile="ipag-bold" fontfile="ipag-bold" fonttype="TTF" />
  1. プロシジャ中のスタイルで、fontuser.xml に定義したnameの値をフォント名として指定します。
-*指定例)
TYPE=REPORT,
  FONT='IPAGothic',
 $

手順は以上です。


考慮点
上記手順にてデフォルトフォント以外を利用する場合、フォント埋め込みのPDFが生成されます。
フォントが埋め込まれたPDFの配布は、フォントの再配布とみなされますので、ご利用になるフォントの著作権をご確認ください。
※IPAフォントは再配布可能であるため、例として使用しております。

テクニカルメモの注意事項

本コンテンツの記載事項に関していかなる保証もいたしません。また、記載内容に起因する問題について
も責任を負いかねます。記載の技術情報およびプログラムは、情報作成時の環境において、初期動作のみ確認をしております。システム環境の設定変更や導入製品のバージョンアップを実施した場合などは考慮されていません。初期動作確認後、システム環境変更後の動作については、保証いたしませんので、ご了承ください。記載の改変は自由に実施していただいて問題ありません。新規要件やバグ修正などが発生した場合には、コンテンツ利用者の責任範囲内での修正を実施いただくようお願いします。
JavaScript、CSS、HTML などお客様にて作成のプログラムに関する問い合わせは、株式会社アシストサポートセンターで受け付けることができません。