「一時項目」の検索結果 25 件

サポぶろぐ

... んなことはありませんか? ほとんどのレポートで使用する変数があるが、毎回レポートを作成する度に、その変数を作成する必要がある。 一時項目ならマスターファイルに予め作成しておくことができますが、変数となるとそうもいきませんよね。 今回ご紹介する機能は、「site.wf ...

サポぶろぐ

... ートを担当しています津田です。 皆さんはWebFOCUSでたくさんのレポートやグラフを作成する中で、レポートごとに何度も同じコマンドや一時項目を作成し直すことはないでしょうか。よく使うコマンドや一時項目は保存しておいて、複数のレポートで使い回せればいいのに…と思ったことはありま ...

サポぶろぐ

... SQL最適化が実行されないことは確認されています。※すべてのパターンを網羅しているわけではありません  ・自己参照式を使用している ・一時項目の式に、SQL最適化できない関数を使っている ■ 自己参照式(X=X+1)を利用している場合   [サン ...

逆引きリファレンス,関数

... なります。(例 商品単価 _A || 円 ◇項目 ・数値タイプ の項目「商品 単価 」 (P16 を文字タイプ (A16 に変換します 。一時項目名/A16 = FPRINT(商品単価,’P16′,’A16’);

逆引きリファレンス,関数

... することも可能 です 。 ◇項目 ・日付 タイプ の項目「年月日 」 (YYMD を文字タイプ (A10 に変換します 。一時項目名/A10 = FPRINT(年月日,’YYMD’,’A10’); ※EDIT関数と組み合わせた使用例:一時項目 ...

逆引きリファレンス,関数

... I 6YYMなどを指定する必要があります。 ◇項目 ・数値 タイプ の項目「年月日 」 (I8 を日付 タイプ (YYMD に変換します 。一時項目名/YYMD = DATECVT (年月日,’I8YYMD’,’YYMD’);

レポートキャンバス,逆引きリファレンス

◆一時項目(DEFINE): データソース上に存在しない一時項目を作成する際に使用する機能です。 必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になしカテゴリ レポート キャンバス動作確認バージョン8.2.06 実装イメージ 一時項 ...

逆引きリファレンス,関数

... を併せて指定します。 (例)一年前:DATEADD(日付項目,’Y’,-1) ◇項目 ・一年を加算します一時項目名/YYMD = DATEADD(売上更新日,’Y’,1); ・一月を加算します一時項目名/YYMD = ...

逆引きリファレンス,関数

... 目(YYMD)から、特定の要素を抜き出すことができます。要素は数値タイプで取得されます。 ◇項目 ・年を抜き出します一時項目名/I4 = DPART(売上更新日,’YEAR’,’I4’); ・月を抜き出します一時項目名/I2 = ...

逆引きリファレンス,関数

... 定し、計算結果の最小値も取得可能です。 ◇項目 ・商品単価、仕入単価の2項目から最小値を取得します。(項目の指定例)一時項目名/P16 = MIN(商品単価,仕入単価); ◇変数 ・&VAL1、&VAL2の2つの変数を使用した計 ...