前年値を取得したい①

2021年7月5日レポートキャンバス,逆引きリファレンス

◆一時項目(DEFINE)、変数(ダイアログマネージャ):
一時項目の入力式にIF文を使用し、また、年用の変数を利用する方法で前年値を取得します。

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になし
カテゴリレポートキャンバス動作確認バージョン8.2.06

一時項目(DEFINE)と変数(-SET)を利用した、以下の条件における前年値の取得方法を記載します。

・横軸(ACROSS)に年などの項目が存在しない※条件に一致しない場合、別方法での実装を要検討

年用の変数作成(ダイアログマネージャ)

・プロシジャビューの右クリックメニューより、[新規作成]-[ダイアルログマネージャ]-[ダイアログマネージャ]を選択し、以下の入力式で変数を作成します。

-SET &変数名(前年用) = &変数名(本年用) -1;
※複数の前年値を取得する場合は、-1 部分を修正
※(例)2年前まで取得する場合:&変数名(本年用) -2;

一時項目(DEFINE)作成 ※2点

・DEFINEを使用し、本年用の売上金額、前年用の売上金額の一時項目を作成します。
※複数の前年値を取得する場合は、同じ規則性に基づき一時項目を取得数分作成します

▼売上金額(本年)
一時項目名/フォーマット = IF 年項目 EQ &変数(本年用) THEN 数値項目 ELSE 0

▼売上金額(前年)
一時項目名/フォーマット = IF 年項目 EQ &変数(前年用) THEN 数値項目 ELSE 0

レポート作成

・一時項目を使用したレポートを作成します。
 また、[フィルタ]から年項目に対し、&変数(前年用)から&変数(本年用)のデータを取得するよう
条件を設定します。※複数の前年値を取得する場合は、最も古い年から現在の年の範囲で条件を設定します