ファイルをアップロード?

いまさら聞けないWebFOCUS

らび専務

はぁ、、、

フォービー先輩

元気がない らび専務発見!
いつもパワフルなのに目の下にクマができてますね、、、!
よく見たら肌もカサカサじゃないですか!
どうしたんですか、、、?

らび専務

そんなに顔に出ているのか、、、

今週末に経営会議があってね、業績予想を踏まえたうえで月次予算を出して、現在の進捗状況や経営目標が計画通り進んでいるのか報告をしないといけないのだが、私は予実管理をExcelで行っている。

基幹システムからデータを抽出するために情シス部門に申請して、もらったデータをExcel上で関数を使い集計したり並べ替えたりして、最終的に経営会議用の投影資料の体裁に整える必要がある。
データをもらうまでに2日間、Excelの加工に3時間、体裁整えるのに1時間かかってしまっている。

これほど時間がかかる作業を毎月行うのはとても大変だよ。
君の得意なWebFOCUSを使ってなにかうまくやる方法はないかね。

フォービー先輩

そうだったのですね、、お疲れ様です!どうりで らび専務のお肌がくすんでいるのですね、、

それならWebFOCUSにはローカルファイルをアップロードする機能があります!
らび専務がお持ちの予算データのExcelファイルをWebFOCUSにアップロードしていただき、
データベースに蓄積した過去の実績と比較することができます!

らび専務

本当か!!
アップロードした後は具体的にどのように比較してくのかね?

フォービー先輩

アップロードしたデータは、データベースのデータとJOINすることができるので、簡単に過去数年分の実績と比較することができます!
さらに、表現方法としてレポート形式だけでなく用途に応じてグラフ表示を行うことできます。
フィルタ条件の切り替えによって必要な情報に絞り込みをかけることもできますよ~!

WebFOCUSのセルフサービス機能であるDESINERを使用して、らび専務独自の視点で分析を行うことができます!
そしてらび専務が作ったレポートやグラフはExcelやPDFに出力することもできます!
作成したレポートやグラフは保存しておけばその後も使いまわしもできるので、
手元のデータに更新があった場合はアップロードして差し替えるだけでデータを最新化することができます!

今ご紹介したのはローカルにあるファイルをアップロードする方法です~!
WebFOCUSにアップロードすることができるファイルの形式は「Excel、CSV/TSV、JSON、XML」となっています!

らび専務

ふむふむなるほど、わかってきたぞ。だが一点心配事がある。

予算確定前はアップロードしたファイを自分だけにしか見れないようにしたいんだが、
その点は問題ないか?

フォービー先輩

そのようなご心配は不要です!WebFOCUSはセキュリティ面もばっちりです!
アップロードした予算データと予算データを用いて作成したコンテンツに対して
閲覧や利用などの権限をかけることができるので、共有したい相手にだけ共有することが可能です!

らび専務

経営会議の参加者にだけ参照権限を渡して共有することができるということだな!
今後は、基幹システムから抜き出すデータの収集や集計の時間を短縮し、経営会議用の投影資料の作成工数を削減できそうだ!

フォービー

最後に補足ですが、データをアップロードする方法としてWebFOCUSを介して、
データベースにデータを入れるという方法もあります!
予算が確定したときに、データベースにデータとしてアップロードをして利用することもできます。

また、他の使い方としては自分で管理用の顧客マスタ、製品マスタなどを持っていてフィルタ条件の代わりに、
テーブルとJOINしてデータを抽出したいときに利用することできますよ!

らび専務

ありがとう!
毎月の悩みが解消できて今夜はよく眠れそうだよ!またよろしく頼むよフォービー君!

参考資料