見出しにリクエスト要素を表示する

テクニカルメモ

必要ライセンスWebFOCUS制約事項特になし
カテゴリレポーティング動作確認バージョン8.2.06

概要

本ページでは、WebFOCUSで作成したプロシジャの中で以下のような構文コンポーネント(構成要素)で何が使われているのか、見出しに表示するための機能についてご紹介します。本機能はVer8.2.01以降で利用が可能です。

お役立ちするシーン

今回ご紹介する機能は、以下のシーンで役立ちます。
・WHERE条件(選択条件)で渡された値を確認したい
・レポート中で使われているBY項目/ACROSS項目を確認したい
・レポート中で使われているSUM項目/PRINT項目を確認したい

機能詳細

以下が本ページでご紹介するコマンドです。

項番コマンド説明
<REQUEST.FILTERSリクエスト内の WHERE および IF 条件をリスト表示します
<REQUEST.VERB_OBJECTSリクエストで参照されている動詞フィールド(SUM・PRINT)をリスト表示します。非表示項目は含みません。
<REQUEST.SORT_KEYSリクエストで参照されているソートフィールド(BY・ACROSS)をリスト表示します。非表示項目は含みません。
<REQUEST.BYKEYSリクエスト内のBYフィールドをリスト表示します。
非表示項目は含みません。
<REQUEST.ACROSSKEYSリクエスト内のACROSSフィールドをリスト表示します。
非表示項目は含みません。
<REQUEST.VERB_OBJECTS_CONTEXT動詞フィールドに使用されているコマンド構文をリスト表示します。非表示項目も含まれます。
<REQUEST.SORT_KEYS_CONTEXTソートフィールドに使用されているコマンド構文をリスト表示します。非表示項目も含まれます。

操作手順

以下、InfoAssistにて実装する例です。

InfoAssistを起動し、[レポート]欄から[見出し]を選択後、見出しのテキストエリアの中に本ページで紹介しているコマンドを記載します。

「WHERE 項目名 比較子 条件値」の形式で値が受け渡されます。複数値の場合は
「WHERE 項目名 比較子 条件値 OR 条件値 OR 条件値」のようにOR区切りとなります。

他のコマンドもぜひ試してみてください