「DEFINE」の検索結果 12 件

テクニカルメモ

項目同士の計算を行う際に、どうしても同じ行にある、同一レコードではなくて、上方や下方にある別のレコードの値を利用したいという時があります。そのような時は、PARTITION_REF関数を利用することで課題を解消できるかもしれません。PARTITION_REF関数を利用すると、異なるレ ...

最新技術情報

DESIGNER ポータルの見栄えをよくするには DESIGNER ポータル内のページやフォルダには Font Awesome のアイコンフォントを追加できます。 文字だけでなくイメージを追加することで利用者にとって何のメニューかを分かりやすくすることができますね。 ...

テクニカルメモ

この記事は、WebFOCUS内でよく使うであろうCSSの記述をピックアップしてまとめたものです。 WebFOCUS内でのCSS利用方法については、こちらの記事を参照してください。 ポータルやページに適用できるCSSは、主に、DESIGNERやテーマで設定することができます ...

サポぶろぐ

... ;  -*------------------------------     DEFINE FILE TESTDATA      SAMPLE/I2 = SAMPLE + 1 ...

テクニカルメモ

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になしカテゴリレポート出力全般動作確認バージョン8.2.06 WebFOCUSのPDF出力におけるフォント WebFOCUSのPDF出力では、デフォルトで以下のフォントが利用できます。(日本語が含ま ...

サンプルコンテンツ

この記事では、JavaScriptを使ってデザイナページ上のコンテナからコンテナへドリルダウンするサンプルをご提供します。グラフの全体像は残しつつ、グラフ上の気になる値を詳細レポートで確認したい場合などに便利です。 本サンプルの実装方法 1.ダウンロードしたファイ ...

サンプルコンテンツ

JavaScriptを使うことで、ユーザーカスタムの動きを検索条件コントールに追加できます。この記事では、検索メニューを検索結果にかぶせて表示するサンプルをご提供します。 レコード数の多い検索結果を画面上に広く表示させたい時に、メニューを隠すことができます。また検索結果にかぶ ...

検証してみた

Webサーバの機能を利用して、転送データの圧縮とサーバーサイドキャッシュを併用することで、WebFOCUSの画面表示時のレスポンスタイムが速くなるかを検証してみました。 今回利用した環境のスペック Oracle Cloud に作成したインスタンス上で計測しました。 ...

逆引きリファレンス,レポートキャンバス

◆一時項目(DEFINE): データソース上に存在しない一時項目を作成する際に使用する機能です。 必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になしカテゴリ レポート キャンバス動作確認バージョン8.2.06 実装イメージ 一時項目 ...

逆引きリファレンス,レポートキャンバス

◆一時項目(DEFINE)、変数(ダイアログマネージャ):一時項目の入力式にIF文を使用し、また、年用の変数を利用する方法で前年値を取得します。 必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になしカテゴリレポートキャンバス動作確認バージョン ...