プロシジャの実行ソースを確認したい

2021年3月8日デバッグ,逆引きリファレンス

◆ デバッグコマンド 「 &ECHO 変数 」:
プロシジャの実行ソースを変数に変数値が格納された状態で確認できます。
SET &ECHO = [OFF/ON/ALL];
OFF:実行 結果に実行ソースは表示されません。
 本コマンドを記述しない場合、 OFF がデフォルトとなります。
ON:プロシジャの実行ソースを表示します。ソースにダイアログマネージャコマンドは含まれません。
ALL:プロシジャの実行ソースを表示します。ソースにダイアログマネージャコマンドが含まれます。

必要ライセンスWebFOCUS Reporting Server制約事項特になし
カテゴリデバッグ動作確認バージョン8.2.06

プロシジャの先頭に記述することで
プロシジャの 実行ソースを変数に変数値が格納された状態で確認できます。
HTML出力結果の右クリックメニュー [ソースの表示]より 、 HTML ソースの一番下にプロシジャの実行ソースが表示されます。 ソースにエラーが無いか、変数に正しい値が格納されているかなどの確認を行えます。

レポートの作成

・レポートキャンバスよりプロシジャを作成します。

デバッグコマンドの入力

・プロシジャビューより、プロシジャの先頭に[新規作成]-[ダイアログマネージャ]より
「 SET &ECHO=ALL; 」のをテキストにて追記します。